プレス機を導入して業務の効率化

加工設備であるプレス機を自社で運用するメリット

外部業者に頼らないプレス機の運用について

社内で業務を回せるようにする設備投資

今社内で行っている加工業務のうち、プレス加工を外部に委託しているのであれば早めにプレス機の導入をお勧めします。プレス機を購入し、社内で運用できるようにすることでプレス加工を気軽に行っていくことができるようになるのです。これはちょっとした曲げ加工や、刻印加工などもすぐにできるようになることを意味しているので、現場の動きはとても早いものとなります。外部に委託している場合はどうしても一週間以上はかかっていたプレス加工が、必要になったその日のうちにできるようになるというのは想像以上に便利なものです。プレス機自体はそこまで巨大なものでもなく、発注する業者にある程度寸法を融通してもらうことも十分に可能となっています。今までこうした設備の導入をしたことがない人には敷居が高く感じられますが、実際にはあまり難しいことではないので早めにやっておくといいでしょう。

プレス機は様々な種類がありますが、大きな工場でもなければ基本的にエアープレス機で十分なパフォーマンスを発揮します。あまり難しい作業を自社でやろうとしてもできの悪い部品ができるだけなので、簡単な作業だけを行うことを考えて機材の購入を行いましょう。大型の油圧プレスなどを購入しても結局使いこなすことができないうえに、メンテナンス費用でかなりの出費になってしまいます。年間のランニングコストを下げるつもりが上げてしまったという失敗例も数多いので、よく考えて無理な買い物はしないようにしましょう。ハンドプレス機などでも部品のちょっとした加工に十分な成果を発揮するので、あまり運用のビジョンが見えてこない場合は選択してみるのもおすすめです。プレス加工自体は金属加工の中でもそこまで難しい作業ではありませんが、専門家以外があまり深入りするべきではないといえます。

必要な作業ができるかどうかの試し打ち

プレス機を購入する前に、その業者に依頼してその機械で試し打ちをしてもらうといい買い物をしやすくなります。この試し打ちをしておくというのは高価な設備を導入するときには必須であり、これをしなければ満足いく機械を購入することはできません。簡単な曲げ加工や打ち加工、刻印がきれいに出るかどうかもしっかりとチェックしていくことで、そのプレス機が信頼できるかどうかがわかります。設備の導入をするにあたってはとにかく慎重であることが求められるので、一刻も早く業務に組み込もうとするのはやめましょう。金属加工は簡単なものを自社だけでできるようになると仕事の幅がだいぶ広がるので、まだ導入していないのであれば早めに注文すると業務がうまく回ります。

人気記事ランキング