プレス機の種類と特徴に関して

プレス機のタイプとメリットデメリットを説明します

プレス機の主な種類および強みと弱点とは

機械の概要および主な特徴について

機械の中において金属といった素材を取り込み、機械サイドにセッティングしてある金型の形を素材へと写し、成型を実践していくのがプレス機と言われている物になります。一括りにしてプレス機と言いましても、そのバラエティーは豊富で、使い道に適したプレス機がたくさん市販されています。2つ以上の対をなす金型を活用して、被加工材に対して極めて強い力を加えて、被加工材を希望する形へと成形加工する際に利用される機械を意味します。代表的なタイプを理解することは重要になります。

知っておきたい一般的なタイプについて

種類の一つ目は機械プレスになります。これは現在において主力となっているプレス機で、ハイスピードで加工することができます。加圧部のスライド機能によってタイプが異なりますが、一番オーソドックスなのがクランク式になります。それに加えて、動力に液体を使わなくてよいので液漏れのリスクがない上、保守管理も相対的に容易です。 ふたつ目は液圧プレスになります。その名が示す通り、動力に対して油を活用する油圧式であるとか、水を活用する水圧式などが挙げられます。昔は水圧式が力を発揮していましたが、水を活用している為に金属そのものが錆びる危険性がありました。現代では金属が錆びない油圧式が広範囲に行き渡っています。さらに、油圧式につきましては水圧式と比べ制御性に秀でています。 3番目はパンチプレスになります。タレットパンチプレスともいいます。薄板金属に穴を空けるマシーンで、精密板金に利用されます。穴空けのみならずタップ加工であるとか、小さい曲げ加工も可能です。

利用上のメリットおよびデメリット

プレス機については、切削機械等のその他のマシーンと照らし合わせると、生産性の非常に高い多量生産ができる加工形式です。メリットとしまして生産性がとても高いことが挙げられます。小さな製品でしたら1分間のみで生産品を作成することもできます。異なる加工では1分で生産品を作るのは相当難しいです。それに加えて、材料に無駄なくロスが多くない事があげられます。金属の平井板を打ち付けるタスクですから、鉄くずといった材料の無駄を除くこことができ、プレス機は薄くて軽い製品を多く作成することができます。一方で、デメリットも存在します。プレス機はリスクがあります。トラブルはニュースにもなっています。プレス機は強いパワーで物を潰すことが出来ます。指を挟むとひとたまりもありません。プレス機については有益性がありますが、注意して使用することが重要になります。

人気記事ランキング